都をどり


4月の京都祇園では”都をどり”に”京をどり”が開催されています。今回”都をどり”にいってきました。

舞を楽しむのももちろんですが衣装や髪型が気になります。

今年の総をどりのお衣装は、着物は京友禅。琳派400年を記念し、光琳水に琳派風の地紙を流し、四季草花を散りばめられたものになっています。
帯は西陣織。琳派好みの梅に平野神社の桜と花菱紋を組み合わせ、京の春を表しています。
毎年新作を誂えるそうです。